So-net無料ブログ作成
検索選択
ソニーストア
ソニー ハンディカム ブログトップ
前の4件 | -

ソニー4Kハンディカム FDR-AXP35のプロジェクターでnatchyを色んなとこに投影してみた。 [ソニー ハンディカム]

2月に購入したソニー4Kハンディカム FDR-AXP35
ファインダー付きを選んだら勝手に付いてきちゃったプロジェクター機能。
使うことはないな思ってたけど、一度試しに使ってみたら結構楽しかった。
投影しているビデオは4Kで撮影したnatchy出演の「七色の中にコンサート」の時のもの。

プロジェクションマッピングみたい。

0007.JPG

食器棚。

0004.JPG

リビングのカーテン。100インチぐらいの大きさかなー。

0005.JPG

斜めに投影するとこんな感じ。
最大200インチまで投影できるけど、距離が10m必要なのでこの部屋ではちょっと無理。

0051.JPG

キッチンの奥の壁。

0050.JPG

床にも。

0006.JPG

天井にも。

0060.JPG

0061.JPG

手のひらや腕にも映せます。

0008.JPG

0009.JPG

46インチのソニーブラビアと同じ大きさにしてみました。結構鮮明です。

0002.JPG

さらに大きく。これで60インチぐらいかな。

0003.JPG

明るさは50ルーメンあるので、蛍光灯付けた部屋でも映ります。

0010.JPG

0011.JPG

0012.JPG

0013.JPG

ホテルや旅館でみんなと見ると楽しいかもね♪

日本以外だと、ファインダー有り、プロジェクター無しの FDR-AXP33というモデルも販売されていますが、何故か日本ではファインダー有りのを買おうとするとプロジェクター付きのしか選べない。これなんとかして欲しいですねー。

ソニーって結構こういうの多いです。香水瓶のデザインの自撮りに特化したサイバーショットDSC-KW1も販売されているのは台湾とか香港だけ。自撮りブームなのでこれなんかは日本でも売れると思うんだけど。あと、Xperia Z3 Tablet CompactのSIMフリーモデルも日本だけ販売されていません。格安SIM使ってる人も急増してるので、今売れば絶対ヒットすると思うんだけどねー。機会損失ですね。

0001.JPG

ソニー4Kハンディカム FDR-AXP35 開封の儀の記事はこちら


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ソニー 4Kハンディカム FDR-AXP35 開封の儀。4Kが普通のサイズになっちゃいました♪♪♪♪ [ソニー ハンディカム]

【おことわり】
昨日のなっちぃのLIVEレポは、日曜の朝から作成、午後にアップの予定です。 

ソニー 4Kハンディカムは昨年6月にFDR-AX100を買っていたのですが(開封の儀の記事)、新たに、より小型・軽量化させて空間光学手ブレ補正を採用したFDR-AXP35/AX30が発売されたので、FDR-AX100をAmazonで売り払って買い替えちゃいました。明日がバースデーなので自分へのバースデープレゼントでもあります。

買ったのはファインダーとプロジェクター付きのFDR-AXP35のほう。プロジェクターなんか要らないし、できるだけ軽量のほうがいいんだけど、なぜか日本ではファインダー有りでプロジェクター無しのモデル FDR-AX33が発売されていないんですよねー。困ったものです。

0001.JPG

FDR-AXP35はソニーストアだと144,880円。
FDR-AX100も価格コムの最低価格だと16万ほどまで値が下がってきてます。
今回の新モデルはFDR-AX100の後継機種ではありません。FDR-AX100には、サイバーショット DSC-RX100M3と同じ1.0型のセンサーに大口径レンズという新モデルよりも優れている点があるので、こちらのモデルも併売されています。実際に撮影してみても、今までのビデオカメラで撮った静止画とは雲泥の差でしたね。
新モデルは1/2.3型のセンサーになってますが、その分、レンズがぐるんぐるん動いて手ブレを強力に防止するソニー独自の空間光学手ブレ補正が搭載されているので、これが決め手で買い替えました。

0002.JPG

0003.JPG

FDR-AX100が790gなのに比べ、FDR-AXP35は625gと165g軽くなっています。
ただ、パナソニックの4Kで撮れる新モデルは362gとさらに軽くなっているので、もう少し頑張って欲しかったなーというのは正直なところですね。パナと同じくファインダー無しモデルのFDR-AX30は585gとぎりぎり600g切ってるけど。
ちなみにファインダー有りモデルを選んだのは、液晶開いての撮影だと撮影しずらい状況でも撮れる為。特にディズニーリゾートでは、ビデオ撮影が許可されていても液晶開いての撮影は禁止されているアトラクションやショーがあるんですよね。

2009年5月、ディズニー行く前にハンディカムHDR-XR500Vを買った時も同じ理由でファインダー付きを選びました。その時の詳細レビュー記事はこちら。このHDR-XR500Vは500gでした。

0004.JPG

ハンディカム30周年記念ボディカラーのボルドーブラウンがちょっとオシャレでいい感じ。

0005.JPG

FDR-AX100はレンズキャップだったけど、FDR-AXP35では他のモデルと同じく自動開閉。キャップの取り外し・取り付けの煩わしさからも解放です。

0006.JPG

体積も30%低減。FDR-AX100だとバッグへの出し入れもちょっと大変、旅行のお供としては厳しい感じだったけどこのサイズ感なら旅行時にも普通に持っていけますね。

0007.JPG

0008.JPG

付属のNP-FV70のバッテリーを付けるとこんな感じ。725gになります。
やっぱり重いけど、FDR-AX100だと915gだったのでだいぶましです。

0009.JPG

普段は小さい方のNP-FV50を付けておいたほうが軽くなるのでオススメです。これで総重量680g。実撮影時間は短くなるけど予備持ってればOKですね。

0010.JPG

これはアカン!
NP-FV100を付けると出っ張りすぎ。ファインダーでの撮影がしにくいです。

0011.JPG

付属のNP-FV70のバッテリーを付けて横から見たとこ。

0012.JPG

NP-FV100を付けて横から見たとこ。
これで825gだけど、よく考えればFDR-AX100にNP-FV70付けて915gだったのでそれよりも軽いですね。

0013.JPG

FDR-AXP35、今はまだ他店も14万ぐらいなのでソニーストアでの購入がおすすめ。新規登録でも今すぐ使える10%オフクーポンが貰えます。また、3/31までに製品登録するともれなくキャリングバッグもプレゼント

・・・ということで、今日、那覇の南西観光ホテルで行われるなっちぃのライブは早速これで撮影してこようかと思ってます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

XAVC S(4K)ファイルをソニー Movie StudioとPlayMemories Homeで編集、書き出し。 [ソニー ハンディカム]

★なっちぃのご親戚のK.S.様へ
26日にメール(携帯とPC)を送らせていただいたのですが、まだ返信いただいておりません。ご確認したいことがございますので、早めにご連絡願います。

今回は、4Kハンディカム FDR-AX100で撮影したビデオの再生・編集についてなっちぃのライブ素材を例にご紹介します。

4Kのファイル形式はXAVC S(4K)というものなんですが、拡張子はMP4ファイルなので、Windows8だとそのままWindows Media Playerですんなり再生できました。
うちのデスクトップPCは、Core i7のVAIO Lなんですが、ソニーのPlayMemories Homeだと途中で引っかかってしまうような感じでうまく再生されないんです。でも、Windows Media Playerだとそういうこともなくスムーズに再生できます。

Ima45ge1.JPG

ただ、Windows7以前のWindows Media Playerだと再生できないみたいですね。
その場合は、Media Player Classic - Homecinemaというのをインストールすると再生できます。しかも、性能がそれほど高くない少し古いPCでも大丈夫です。

ビデオの編集については、ソニーの「4Kの活用方法」というページで詳しく説明されています。私が持っているAdobeのPremiere Elementsでも対応してるようですが、今回は、4Kハンディカムを購入すると8000円相当のソニー謹製ムービー編集ソフトMovie Studioが無料で利用できるので、これを使ってみました。

sonymovie01.JPG

操作性はAdobeのPremiereなどの他の編集ソフトと同じような感じですが、ヘルプが充実しているので初心者でもすぐに慣れると思います。
流石に30GB以上もある4Kのファイルを読み込むと、レンダリング作業にはかなり時間がかかりますけど、編集作業自体はそんなに重くはありません。

Imag981.JPG

とりあえずライブの前半と後半のファイルを繋げて、不要な部分をカットし、オープニングのところにライブ会場の写真を入れて一つのムービーにしてみました。
で、これにメニューを付けようとしたんですが、そういう機能は見当たりません。
どうやらこのソフト、ムービー自体の編集をするだけで、それ以外の機能は別のソフトを使うみたいです。

[ムービーの作成]をクリックするとこんな画面が開きます。

Image4551.JPG

[ハードディスクドライブに保存する]を選ぶと、様々な形式で保存できます。

DSC08632.JPG

ちなみにMP4での保存だと、完了まで4時間近くかかりました。
寝てる間にやったけど、結構大変です。

DSC08639.JPG

そして、[Blu-ray Discに書き込む]を選ぶと、こんな画面が出て、DVD Architect Studioというソフトが開きます。

DSC08621.JPG

Movie Studioで作成されたムービーが開いた状態で起動されますが、なぜ別ソフトなんでしょうね。分かりにくいです。
Movie Studioの中だけでディスク作成までできれば便利なんですが。
Premiereなどの他の一般的なオーサリングソフトは一つでできますよねー。

なぜこんなことになってるのか、ソニーの担当者に小一時間問い詰めてみたいですw

DSC08622.JPG

で、このソフトで各曲の頭にチャプターを付けて、メニュー画面を作成。
以前、なっちぃに渡したビデオには映像の中にも曲名のテロップを入れたり、凝ったオープニング画面、エンディング画面も入れてたんですが、今回は時間もないので、そういうのは省き、シンプルな形にしています。

Image45151.JPG

最後に、プレーヤーのリモコンで動作をシミュレートして確認。

DSC08623.JPG

そして、いよいよディスクの作成。
書き込み完了までの時間は収録時間とほぼ同じの約1時間半でした。
説明すると簡単ですが、編集から書き込みまで結構時間かかってます。

DSC08626.JPG


ディスクを作成したりMP4以外の形式に保存したりしないのなら、これらのソフトを使わなくても、PlayMemories Homeだけで簡単にできます。
ただ、4KのXAVC S(4K)形式のファイルを編集するには、バージョンを3.1.20以上にアップデートしなくてはなりません。ちょうど6/26にアップデートされました。今回の作業に間に合ってラッキーです♪

このソフト、Ver3.0になった当初はいろいろ不具合もあり、つい先日までは古いほうのバージョンを使ってました。
詳しくは、「ソニー製の画像管理ソフト PlayMemories Homeの最新版が酷すぎる件。moddファイルが大量生成。」の記事に書いてますが、今回バージョンアップしてみたところ、ここに書いてある不具合はほぼ解消され、なんとか普通に使えるようになってますね。

ただ、インストール最終手順の「ファイルコピー中」の画面がいつまで待っても終わりません。2時間ほど放置してましたがそれでも終わらないので、無視して起動してみるとすんなり起動。あれ~?

DSC08607.JPG

でも、インストール直後から数時間はなにやらずっとハードディスクにアクセスし続けてて、タスクマネージャーで見てみるとディスクの使用率は100%(画面では.00%ですが)。他の作業をやるにもうまく動かずPC全体が非常に重い状態に。
アップデートやインストールはPCを使わない時間にやったほうがいいですね。
(私のPCには数万枚もの画像や動画があるので、もっと少ない環境では大丈夫かも。)

DSC08612.JPG

やっと数時間後には落ち着いたので、PlayMemories Homeを起動。

前のバージョンでは、ビデオの切り出しや結合をしようとしても、4KのXAVC S(4K)形式には対応していないのでこんなふうにエラー画面が出て編集できなかったのですが・・・

DSC08636.JPG

最新バージョンではAVCHD形式のファイルと同様に、普通に切り出しや結合ができるようになってました。ただ、ちょっとカクカクするので、INやOUTポイントを指定するのが少しやりにくい。Core i7のCPUでもこの状態なので、スムーズに編集するには相当高いスペックが要求されますね。

Image5.JPG

Image7.JPG

ライブの前半と後半の2つのビデオを結合して一つのファイルに。
ソニーショップ テックスタッフさんのブログには「私の環境では3つ以上のファイルを結合すると生成したファイルが再生できない現象が発生。」と書かれてますが、試しに3つのビデオを結合しても問題なく再生されました。

Image8.JPG

MP4に変換しての保存もできます。

Image23.JPG


同じMP4の拡張子だけど、↓の画像の上から2つ目は4KのXAVC S(4K)形式。
約1時間半のビデオで約35GBあります。MBじゃないですよ、GB(ギガバイト)です!

これを、Movie StudioでMP4に保存したものが一番下。約11GBです。
同じMP4でもPlayMemories Homeで保存したのが一番上のファイルで、約3.9GB。
かなり違いますね。でも実際に見てみるとそんなに画質は変わりませんでした。
Movie StudioでWMVに保存したものが3つ目で、約5.3GB。

PlayMemories Homeで保存したファイルが一番ファイルサイズが小さく、しかもそれほど画質は劣化しないので、人に渡す場合はこのファイルが一番良さそうです。

Image451.JPG

 

4Kハンディカムで撮影した今回のライブ映像。
そんなに明るくない会場で、ビデオ撮影にとっては厳しい条件だったにも関わらず、さすが4K!と思わせる精細感で、非常に綺麗に撮れていました。

ただ、三脚を使って撮影したのに終始画面に細かいブレが発生してて、ちょっと残念な結果に。
三脚を立てている場所が非常に狭く、あまり脚を大きく広げられなかった上に、すぐ横を人が通るので、足をひっかけて倒されないかとヒヤヒヤ。倒されないようにとずっと三脚やビデオに手を添えてたんです。
たぶんそのせいでビデオが揺れてしまったんだと思います。
失敗というほどではないけど、見る人によっては結構気になるかも。
まあそれでも、手持ちでの撮影よりは断然に綺麗なので良かったです。

ビデオはなっちぃ本人と事務所の方にお渡しする予定です。
他にも会場でなっちぃのご親戚の方やブログのコメント欄からもお願いされてしまいましたが(^_^;)

宮古島旅行から帰ってきて約1週間。
顔やおでこの皮は一旦全部剥けて今は綺麗になりました。
でも、昨日あたりからは腕や手の皮がボロボロに。
手の甲の皮まで剥けてきてエライことになってます。今もヒリヒリ痛いです。
いつになると元通りになるんでしょうか。

20140628_085227_Android.JPG


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ソニー 4Kハンディカム FDR-AX100 開封の儀。レンズの存在感が半端ない! [ソニー ハンディカム]

ソニーストアで購入したソニー 4Kハンディカム FDR-AX100
お届け予定は6月14日だったのに、2日遅れて到着。遅れた原因は船便!
沖縄だと飛行機に乗せられない物だったりすると船便になってしまうこともあるけど、ヤマト運輸の場合、リチウム電池が入っていても内容が確認できれば確認済のシール貼られてほぼ100%航空便になります。でも今回はそういうシールも貼られてなくて船便。なぜ?

DSC08343.JPG

それはさておき、開封の儀といきましょうか。

DSC08351.JPG

DSC08349.JPG

製品登録の案内が逆向きに入ってます。
昔のソニーはこんなことなかったのに。

DSC08352.JPG

DSC08353.JPG

DSC08354.JPG

おぉーっ!カッコイイ~!
お店で何度か見ているとはいえ、思わず声をあげてしまいましたよー。
レンズからファインダーにかけてやや斜めになっているラインが惚れ惚れします♪♪♪
上面に余計な突起物がないのもいいですね。

DSC08357.JPG

ソニー純正のプロテクターとモニター保護シートも購入。開封してすぐに装着しました。

DSC08356.JPG

他のハンディカムのような自動開閉ではなくレンズにはキャップがあります。
ちょっと面倒だけどレンズの大きさを見ればそれも納得します。

DSC08358.JPG

見てください、この大きなレンズ。
レンズの存在感が半端ないです!

DSC08360.JPG

真正面から見るとほぼレンズだけ。
大口径ZEISS バリオゾナーT*(ティースター)レンズが採用されています。

DSC08359.JPG

筐体のほとんどはレンズが占めています。
SONYロゴのSのあたりまでレンズが入っているとのこと。

DSC08361.JPG

普通のハンディカムと比べれば大きいですが、店頭で見ていた時よりは小さく感じます。
NP-FV50のバッテリーを付けた状態で約870g。
重いっちゃあ重いけど、片手でも十分持てるし、一眼に高倍率ズームレンズを付けた時のような形ではないので持ちやすいし、バッグに入れた時の収まりもいいです。

DSC08363.JPG

DSC08362.JPG

付属のバッテリーは左から2つ目のNP-FV70だけど、より軽くしたいのでNP-FV50も購入。そして、一番容量の大きいNP-FV100も追加購入。NP-FV70だと連続撮影だと2時間撮れるけど、ズームを繰り返していたりすると2時間もたないと思うんですよね。ライブ撮影の最後でバッテリー切れになっちゃったら悲しいので。

DSC08366.JPG

一番右のはAmazonで購入したソニー製バッテリーチャージャー BC-TRVなんだけど、これが全くの偽物でして、急遽Amazonに返品、返金請求しました。

Amazonのページ上はソニーの純正品として掲載されているし、「Amazon.co.jp が発送します」と書かれていたので何の疑問も感じず注文したんだけど、届いてみたらパッケージもなくプチプチに包まれているだけ。そして、コンセント直付の仕様なのにコンセントが無くACケーブル差込口がありました。試しにケーブルを差してみてもランプは点灯せず充電もされていない様子。裏面には怪しい韓国語。

販売店は、兵庫県加古川市のThreeBeautyというショップ。評価欄を見ると写真とは違うものが届いたと書かれています。Amazonには直ちに販売停止するようにと伝えましたが、購入検討中の方は気をつけましょう。バルク品とか互換品と書かれているわけではありません。正規品のページで売られているので普通は気が付きません。要注意です。

NP-FV100はNP-FV70の倍ぐらいの容積がありますね。重い!
手持ちで撮影するならNP-FV70までが限界かと。

DSC08369.JPG

FDR-AX100には内蔵メモリーが無いので、別途SDメモリーカードを用意する必要があります。本体と同時にソニー製のSDXC UHS-I対応 64GBを購入。
4Kで撮影するには、SDXC UHS-I対応でCLASS10のを使う必要があります。
ただ64GBでも2時間ちょっとしか撮れないので、これも念の為に128GBのSDXCカードを追加購入しました。ライブ撮影の最後で切れちゃったら取り返しつかないので。

DSC08370.JPG

他のハンディカムはmicroSDカードになってるけど、 FDR-AX100は普通のSDカードサイズです。

DSC08372.JPG

DSC08376.JPG

はい、今日はここまで。
まずは、金曜からの宮古島旅行でテスト撮りしてきます。
本格的に使うのは、6月23日(月)のnatchy LIVE から。

ライブ撮影用にソニー製のリモコン付き三脚 VCT-VPR1も購入。
ライブハウスモッズとは違い今回のライブ会場 cafe N's Gardenは狭そうなので、後ろのほうに三脚を設置して立ったままで撮影の予定です。(事務所了承済み)
ドリンク&クロワッサンはどうやって食べたらいいんでしょう?まあいいか。。w

DSC08347.JPG


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の4件 | - ソニー ハンディカム ブログトップ

ソニーストア ソニーストア